COMMITMENTこだわりの成分

M COSMETICの中核である美容化粧品に含まれている成分は、自然界に存在する植物などから抽出できるものも厳選し配合しています。
その植物の多くが原産地で古くから伝わり、時代や状況に合う使用法で扱われることで歴史を深め、現在でも化粧品などと用途に留まりがありません。このように年月を掛けて歩んできたプロセスがあるからこそ生まれる信頼性や効果など高い位置にあります。

バラは美容業界と切っても切れない存在であり、そのバラがもつ成分を利用してできるのがローズウォーター。

これは古代から水蒸気蒸留技術が発達していた中東や、バラが一つの文化であった中世ヨーロッパから伝わり、多くの国へ広がりました。現在では日常に溶け込み化粧品などではポピュラーな存在となっておりますが、医薬品や香料などその用途はさまざま。

M COSMETICでは数あるバラのなかでもダマスクローズ系を採用しております。そしてヨーロッパ地方ではバラの女王や美しさの象徴として称され、数ある産地でも最高級かつ香り高きブルガリア産です。

ゼニアオイエキスやインペラトリア葉エキスなどもこだわりの1つ。

これらの原料はスイスアルプス地方の自然豊かな気候で栽培されています。20年以上にわたり、このような植物の栽培経験を持つスイスアルプスの農家とタッグを組み開発され、栽培される植物はバイオスイスの認定を通過したものです。