お肌の変化に怖さはないですか?

私は35歳から、ニキビ、肌荒れ、バセドウ病と、お肌が「急激に変化」する恐怖と絶望を体験しました。さまざまな事がネガティブな日々でしたが、それらが真剣にお肌と向き合う時間を与えてくれ、美容や化粧品に対する考えを新たなものにしてくれました。

「人は老ける」と理解できていても、それが急激だった時は恐怖でしかありません。美容業界に身を置き情報の「最新」を取り入れやすい立場でしたが、それでもお肌がニキビと肌荒れに侵され、バセドウ病の症状で顔が腫れ変形しました。もし今日の顔と、明日の顔が違ったら。

ニキビ

赤く、大きく、日を追うごとに増えるニキビ。10代の時でも経験したことのないほど。今まで積み重ねてきた美容ケア、褒められていたお肌の影も形もない、目が当てられない状態へと。

肌荒れ

ニキビケアの一環でレーザー治療を。ニキビ跡とは引き替えに肌荒れがおきました。ニキビとは関係なかった首元から額まで荒れに荒れ、痒い。衰えの加速と、このように老けることもあるのだと身を持って知りました。

バセドウ病

病気特有の首元から顔が腫れる症状により毎日違う顔。何気ない一言で、全然違う顔に変化したと実感する。ニキビや肌荒れで経験して理解していても心は「急激」な衰え・老化についていきませんでした。

美容の先生や専門家に相談し
さまざまな視野を持ち

化粧品や美容業界の流れ
経験で得た知識を織り交ぜ

納得のいくまで
試作とテストの繰り返し
見えてきたカタチ

1つのカタチとして

必然なのか偶然なのか、美容に携わるモノとしてこのような体験をしました。美容や化粧品に対して自分の存在意味。そして、少しでも似たような境遇の方に寄り添えられればと想い、1つのカタチとしました。

1つのシリーズで完結まで

今はまだスタート段階です。
今後は美溶液を軸に1つのシリーズで完結できる美容化粧品へ向います。

商品一覧